アフリカ友の会

中央アフリカについて考える会

中央アフリカについて考える会・第4回企画

「なんでもない普通の生活が遠のいていく:看護師の見た中央アフリカ共和国」

日時:2016年 1月30日(土) 13:30~15:30(開場13:00)
会場:追手門学院 大阪梅田サテライトセミナールーム(阪急ターミナルビル16階)
話し手:岡部紀代子さん

内容:看護師・助産師である岡部紀代子さんが、内戦の終わりが見えない中央アフリカ共和国の現状をお話しくださいます。〈参加無料・予約不要〉

〈岡部紀代子さんの紹介〉
看護師・助産師として、東京の病院の産婦人科、小児科、外科などに勤務。その後、2年ほど日本を離れ、イギリスとインドでボランティア活動を体験。帰国後、大学院で国際看護学を専攻し、JICAのシニアボランティアとしてエクアドルへ赴任(2年間)。現在、東京で訪問看護にたずさわる。

〈問い合わせ先〉
メール:satoyukisan@yahoo.co.jp 櫛引祐希子(追手門学院大学国際教養学部講師)
電話:072(657)9800 YogiYogi (茨木市春日1丁目12-7、春日商店街の雑貨屋)

主催:中央アフリカについて考える会(代表:内海博文・追手門学院大学社会学部准教授)

ca-04

PDF


中央アフリカについて考える会・第3回企画

「それでも、わたしは恋してる ―写真で伝える中央アフリカ― 」

日時:2015年 5月30日 (土) 14:00~16:00
場所:YogiYogi
(茨木市春日1丁目12-7、JR茨木近くの春日商店街にある雑貨屋です。
http://www.golf-baxter.com/yogiyogi/

内容:生田さんが写真を通して中央アフリカでの思い出を語ってくださいます。

話し手 生田沙世さん

看護士。現在、宝塚市立病院務。 赤十字奉仕団に所属し、国内外のボランティア活動に参加。阪神淡路大 震災と東日本大震災の被災者支援も おこなう絵本の読み聞かせのボラ ンティア活動にも携わる。三児の母。2006年に中央アフリカ共和国に滞在。

参加無料。ただし事前の予約をお願いします。

予約 & 問い合わせ:
・メール:satoyukisan@yahoo.co.jp
(櫛引祐希子・追手門学院大学国際教養学部講師)

・電話:072-657-9800(YogiYogi)
主催:中央アフリカについて考える会(代表:内海博文)
www.golf-baxter.com/yogiyogi/centrafrique/


中央アフリカ緊急報告会のお知らせ

「中央アフリカについて考える会」(代表 内海博文)では、関西において、徳永瑞子氏(「NGOアフリカ友の会」代表・上智大学教授) による報告会を下記のとおり開催いたします。
徳永氏は今年三月に内戦後の中央アフリカ共和国を訪れ、過酷な現実を目の当たりにしてきました。
今回は、内戦後の中央アフリカ共和国について関西では最初の報告会となります。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

日 時 5月17日(土) 13時30分~16時
場 所 阪急ターミナルビル一六階 追手門学院 大阪梅田サテライトセミナールーム

<予定>

・内戦後の中央アフリカの現状を撮影したビデオ上映

・徳永瑞子さんによる報告
(当日は、徳永さんと中央アフリカについて話す時間をたっぷり用意しています。)

<問い合わせ>

メール:yukushib@res.otemon.ac.jp
櫛引祐希子 (追手門学院大学国際教養学部講師)

電 話:06(6210)4008
YogiYogi(ヨギヨギ 吹田の雑貨屋)
※「中央アフリカの件」とお問い合わせください

中央アフリカについて考える会Webサイト