アフリカ友の会

アフリカセミナー

アフリカセミナーの紹介

毎月1回、北区赤羽駅前の北区立赤羽文化センターにてアフリカセミナーを行っています。
事前申し込みは不要ですのでぜひご参加ください。

場所 : 〒115-0055 東京都北区赤羽西1丁目6−1 パルロード2 3階 北区立赤羽文化センター
アフリカセミナーへのお問い合わせ : TEL03-3909-7114(アフリカ友の会)
 

アフリカセミナーの開催データ

開催日:月1回
場所:北区立赤羽文化センター
時間:18:20~20:40
JR赤羽駅西口駅前 パルロード2 B ivio(ビビオ)3F
参加費:500円(資料代)
事前申し込み不要


 

アフリカセミナー開催予定

第42回テーマ:「伝統伝達者グリオとテランガの国セネガル」

日時:2017年7月8日 18時20分~20時半
場所:赤羽文化センター JR赤羽駅西口、ビビオビル3F

講師:ボグ ディアエ ローズ (セネガル出身)
サバール奏者、サバールダンサー
Boga N’diaye (ボガ・ンジャイ)
セネガル共和国、ダカール市出身。グリオ(吟遊詩人)Sing Singの家系に生まれる。
幼少より太鼓と踊りを学び、10代からセネガルの人間国宝、故ドゥドゥンジャエローズと共にドゥドゥファミリーの一員として世界各地でコンサート活動を行う。
2000年ドゥドゥンジャエローズ日本公演にて初来日。2001年にはアフリカ代表のバンドとしてNHK紅白歌合戦に出演。
渡辺貞夫やSMAP、EXILE、その他 様々なミュージシャンと共演。 2005年より拠点を日本に移し、演奏活動を行うと共に太鼓と踊りの魅力を多くの人に伝えている。
メンバー全員が叩いて踊る女性グループ「アフリカングリオサバールグリオ東京」のリーダーを務め、自身のパフォーマンスにはサバールに留まらずコンゴも取り入れ、ジャズシーン等でもマルチな才能を発揮している。

参加費:500円

8月の予定

8月はアフリカセミナーをお休みします

第43回テーマ:「アフリカで見たこと感じたこと」

2017年9月9日 18時20分~20時半
場所:赤羽文化センター JR赤羽駅西口、ビビオビル3F

講師:高倍宣義 
元中央アフリカ共和国・コンゴ民主共和国大使

参加費:500円


 

過去のアフリカセミナー

回数日時講師名所属テーマ
12013年11月16日徳永瑞子アフリカ友の会アフリカの歴史と展望
22013年12月14日中平信也翻訳家兼通訳中央アフリカ共和国の現状
32014年1月11日田中真知作家コンゴ河再訪
20年ぶりの丸木舟の旅
42014年3月8日徳永瑞子アフリカ友の会中央アフリカ共和国のエイズ事情  (2月は大雪のため中止)
52014年4月12日橋爪雅彦翻訳家兼通訳アフリカのイスラム社会
62014年5月10日加藤章子助産師 大学教師アフリカのお産
72014年6月14日神保広武フリーアフリカを自転車で一周
82014年7月12日徳永瑞子アフリカ友の会アカ族(ピグミー)に学ぶ生きる哲学
92014年8月9日‹´橋爪雅彦翻訳家兼通訳タコとモーリタニア
102014年9月20日徳永瑞子アフリカ友の会エボラ出血熱
112014年10月11日スミアフリカ楽器演奏者ジンバウエの民族楽器の(ムビラ)演奏者
122014年11月8日橋爪雅彦翻訳家兼通訳ジブチを知るための講座
132014年12月3日加藤智津子写真家 エッセイストモーリタニア・旅する砂漠
142015年1月10日野呂謙友上智大学4年生ガーナ・チョコレート作り
152015年2月14日アレキシー ドンゴ雑誌編集者日本とアフリカの文化交流
162015年3月14日フォーカム アダマ日本カメルーン人会会長日本の中のアフリカの人々の暮らし
172015年4月11日徳永瑞子アフリカ友の会私と「プサマカシ」
182015年5月9日橋爪雅彦翻訳家兼通訳コンゴ民主共和国
=ザイールからコンゴ民へ=
192015年6月13日加藤智津子写真家 エッセイストモーリタニア・旅する砂漠 第2話
202015年7月11日高木史幸キスマサイ小さなギャラリー主宰アートからアフリカ人の気持ちを想像する
212015年8月8日津山直子AJF理事南アフリカ・アパルトヘイト撤廃と女性たちの運動
『女性の日』
(8月9日)を記念して
222015年9月12日近藤ますみアフリカ友の会中央アフリカ共和国の現地報告 写真で見る現地の人々の生活」
232015年10月17日‚‹´高橋郷リトル・ビーズ・インターナショナル代表ケニアのコロゴッチョ スラムから見るアフリカ社会
242015年11月14日徳永瑞子
岡部紀代子
アフリカ友の会アフリカ友の会定例報告会
252015年12月12日末吉美津子白百合のシスターカメルーンでピグミの人たちと共にいた20年間
262016年1月9日大津司郎フリージェーナリストアフリカの紛争を読み解く
272016年2月13日深川虎次郎 道祖神勤務アフリカ観光入門
282016年3月12日エル・ハッジ・マサンバ
ディウフ
国際理解講師「セネガルにおけるイスラム」?平和のための教育
292016年4月9日松島 茂墨田区図書館会員子どもの本でアフリカを見てみた
302016年5月14日山本智紀パーカッショニストジャンベの世界と西アフリカ&東アフリカバックパックでの珍道中!
312016年6月11日橋爪雅彦翻訳家兼通訳モーリタニアで1年間仕事をしてモーリタニアを語る
322016年7月9日井戸栄治
東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科
ウイルス制御学特任教授
「ナイル河の水源を探し求めるアフリカ探険史とコンゴ開発-
エイズ・パンデミックの源はいずこ?」
332016年9月10日ママドゥ・ドゥンビアギタリストマリ音楽の魅力?歴史と文化
342016年11月12日稲葉雅紀アフリカ日本協議会TICAD VIから4か月 =アフリカと日本は新時代を切り開けるか=
352016年12月10日吉國 元画家ジンバブエ、日本、異国で絵を描くということ
362017年1月14日福田英子NGOコモン・ニジェール代表知らなくてもつながっている国 ニジェール
372017年2月11日菅川 拓也緑のサヘル 事務局長砂漠化の中の生活
382017年3月11日加藤智津子モーリタニア、旅する先カンブリアの砂漠
392017年4月8日サワドゴ・サイドゥー西アフリカ、ブルキナ・ファソ出身「ブルキナファッソについて」
402017年5月13日オノレ・カプンディコンゴ民主共和国出身、カトリックの司祭コンゴの危機と子どもたちの教育
412017年6月10日タブー・ンゴンゴコンゴ民主共和国出身 ミュージシャンアフリカ音楽について